利息制限法にのっとって過払い金を算

利息制限法にのっとって過払い金を算出し、債務と相殺するために行うのが特定調停です。

 

ただ注意すべきことに、過払い額が負債額より大きいときは本来は返金請求できるはずですが、特定調停では払い過ぎた分が債務者に戻ってくることはなく、負債が棒引きになるだけで、けしてプラスにはなりません(ゼロ状態)。

 

比べてみて、もし過払い金がまとまってあると明らかな時は、相殺目的の特定調停などはせず、返還を求めて過払い金請求をするべきです。概して、債務整理をするにはブラックリスト入りが付き物と思われる方が多いですが、債務整理の中で過払い金請求はただ一つブラック入りすることのない方法です。払い過ぎになっていた分の利息を返してもらうだけですから、その結果、残債がなくなるのならば事故とは言えないという訳です。
そうは言っても、発生している過払い金があっても金利の引き直しによって引き続き残債があるとすれば、ブラック入りは不可避です。

 

 

 

借金を解決するための債務整理は専業主婦でも用いることができます。

 

当然、誰にも知られないように措置をうけることも可能ですが、金額によっては家族と話し合ってみた方がいいです。専業主婦でも支払いが難しくなれば、弁護士に相談して解決の可能性はあります。

 

 

 

月々の給与から天引きという形で貯金していくことを財形貯蓄と呼びます。

 

債務整理を自己破産で行うと、財形貯蓄額と手元の現金の合計額が法に規定された上限額以上となったら、解約し超過した分を処分しなければいけません。

 

 

なお、上限額に達していない時でも、残高証明を裁判所に提出しなくてはいけません。

 

 

これを入手するには取引先金融機関か勤務先に申請すればOKです。債務整理をしていても生命保険をやめなくて良いことがあったりします。

 

任意の整理をしても生命保険をやめる必要はありません。

 

 

 

注意すべきなのは自己破産をする際です。

 

自己破産をする際には生命保険の解約を裁判所から言われる場合があります。債務整理をする場合、弁護士と話し合わなければならないことが多々あります。弁護士を選ぶポイントとしては、話しやすい弁護士を選定すべきでしょう。

 

 

 

相談会といったところで話をしやすい弁護士を選ぶのも一つの方法ですし、周りの人の口コミなどを聞いて参考にしてみるのもいいですね。
私は多数の消費者金融から借り入れをしていたのですが、返すことができなくなって、債務整理をしました。債務整理にも色々な方法があり、私が行った方法は自己破産でした。
自己破産した後は借金が帳消しになり、気持ちが楽になりました。
無償で債務整理の相談に乗ってくれる機会というのは、思いのほか多いのをご存知でしょうか。

 

 

各自治体にも常設窓口があったり特別相談期間を設けたりしていますし、全国各地にある消費生活センター及び国民生活センター、地域ごとの弁護士会、日本司法書士連合会、法テラスといった団体にも窓口があることが知られています。

 

 

 

司法書士や弁護士の事務所の中にもこうした無料の相談を行っていることは多く、相談を聞いてもらい、それからどうするか決めるというのも手です。

関連ページ

お金を借りた額が多くなり、もう自分では返せな
借金問題を弁護士に無料相談した結果とは?
債務整理には多少のデメリットもつきものです。利用して
借金問題を弁護士に無料相談した結果とは?
返済に困って弁護士等に債務整理を依頼する場合でもお金は
借金問題を弁護士に無料相談した結果とは?
借金返済の目途が立たない場合、司法書士や弁護士に助けを
借金問題を弁護士に無料相談した結果とは?
最近では、債務整理を行う人も珍しくありません。
借金問題を弁護士に無料相談した結果とは?