債務について記事一覧

お金を借りた額が多くなり、もう自分では返せない場合に、債務整理を実施します。借金が返せない人は弁護士や司法書士に相談しましょう。そして、手続きを経て裁判所で弁護士と債権者、裁判官が解決策を考えます。月にどのくらい返済できるかなどを検討し、それからの月々の返済額が算出されます。返済すべき日に入金がないと、債権者から翌日に確認があります。その際、いつ支払うかを約束すれば、案外すんなりと期日まで待ってく...

債務整理には多少のデメリットもつきものです。利用してしまうとクレジットカードなどの全ての借金が不可能になります。つまり、お金を借り入れできない状態となり、キャッシュだけで買い物をすることにならざるを得ないのです。これは結構大変なことなのです。ハードな月々の返済に対する措置というのは同様ですが、一般的には、任意売却は購入した不動産のローンの返済がどうしようもなくなった際にその不動産を売却することを選...

利息制限法にのっとって過払い金を算出し、債務と相殺するために行うのが特定調停です。ただ注意すべきことに、過払い額が負債額より大きいときは本来は返金請求できるはずですが、特定調停では払い過ぎた分が債務者に戻ってくることはなく、負債が棒引きになるだけで、けしてプラスにはなりません(ゼロ状態)。比べてみて、もし過払い金がまとまってあると明らかな時は、相殺目的の特定調停などはせず、返還を求めて過払い金請求...

返済に困って弁護士等に債務整理を依頼する場合でもお金は必要です。依頼を引き受けるにあたって着手金が発生し、交渉が合意に達したり裁判で結果が出たときの成功報酬、印紙や交通費、切手代などの実費です。もし任意整理という方法をとった場合、成功報酬は減額に準拠し、最初に成功報酬が決まっている個人再生とは異なります。最後に自己破産についてですが、免責の決定が下されると成功報酬を払います。金額設定は弁護士により...

借金返済の目途が立たない場合、司法書士や弁護士に助けを求め、自分の財産を処分したり、弁護士の交渉により債務を軽減してもらう自己破産や任意整理といった方法を選ぶことができます。任意整理という処置でも、自宅などを保持しながら借金を返済する個人再生という選択もあるのです。借りているお金の総額が減りますが、マイホームローンの残額はありますので、注意がいります。収入がある人が債務者の場合、過払い金を再度計算...

最近では、債務整理を行う人も珍しくありません。債務整理をすると、借金の重荷は無くなりますが、クレジットカードや金融機関のローンの審査に落ちやすくなるなどのデメリットがあることを忘れてはいけません。ここで心配になるのがブラック状態でもアパートなどの契約が問題ないのかということだと思います。結果的に、賃貸契約できる物件とできない物件があります。選べる物件の数が減るとはいえ、どこかで借りられることは確実...

債務整理と一言で述べても色々なタイプが選択できるのです。個人再生とか特定調停、自己破産や過払い金の返済を求めるなど様々です。どれも毛色が違うので私はどれをえらべばいいのかというのは専門家に話をして決心するのがいいと考えます。家族にわからないように債務整理をするのは方法によってその難易度が変わってきます。仮に任意整理をするなら自分で全手続きを行おうとしなければ滅多に家族にはばれないでしょう。しかしな...

どのような債務整理であろうと、司法書士や弁護士に頼めば作業が発生します。事情が変わったからといって、手続きの途中で手続きを中止したいと思っても、一度進めてしまった手続きを止めるというのは、時期にもよりますが対応できないことの方が多いです。なかでも難しいのは自己破産で、手続きに入ると中止はまず無理だと考えてください。このようなことにならないために、債務整理をする前は考えに考えた上で弁護士や司法書士に...

どれくらい借金が増えれば債務整理をするかという点ですが、一概には言えません。もし、数十万円程度の借金ならば、どこかでお金を借りて、返済資金に充てることもできると思います。でも、すでに借金があるので、おそらく相当苦労しなければお金の工面ができないと思います。ともかく、借金の返済が苦しくなった時点で弁護士を訪ね、債務整理を行うべきなのか、客観的に判断してもらうようにしましょう。近頃では、債務整理に関す...

個人再生や任意整理の手続きを開始してから、成功報酬の支払い用に弁護士や司法書士に言われて積み立ててきたお金は、最終的に精算してプラスがあれば、当然ながら依頼者の元に戻ってきます。まとまった額を積み立てる苦労はあるものの、最後に成功報酬に充当するわけで、債務整理手続き中に浮いたお金(毎月のローン返済分)を積立に回すのですから、浪費癖もつかなくて済むでしょう。弁護士との相談で金額を決めると思いますが、...

任意整理は、債権者と債務者が交渉することで、金利の引き下げや元金だけの返済で可能なように頼むという公の機関である裁判所を通すことなく借金を減らす手段です。おおよその場合、弁護士とか司法書士が債務者に代わって交渉し、毎月の支払額を減少させることで、完済の目途がつきます。債務整理をするとブラックリストに載ると言いますが、例えば子供のための教育ローンは使えるのでしょうか。おおまかに分けると、教育ローンに...

借金返済が苦しく、債務整理を視野に入れ始めたところで最初の課題というのが弁護士あるいは司法書士に頼むにしてもどこの担当者がいいかでしょう。大半の事務所なら初回無料相談が受けられます。この無料相談を通して、その担当者は信用のおける相手か判断が可能です。加えて、法律上の問題に対して力を貸してくれる公的機関である法テラスでも無料の相談対応が受けられます。債務整理の中でも特に、個人再生、あるいは任意整理と...

支払いが滞ることで発生した遅延損害金や元々の金利などは、実際にその債務整理を請け負う司法書士や弁護士がこの債務整理を請け負いましたという手紙を債権者に送ると、貸金会社や債権回収会社にそれが到着した日からカウントされなくなります。依頼者にとっては大きなメリットですよね。とはいえ実際に返済が不可能になってから債務整理開始までの間の延滞利息が、結構まとまった額になっているケースも少なくありません。もし任...

債務整理の手段のうち、任意整理と民事再生はご存知でしょうか。元金が減額されるかどうかというのが両者の違いです。任意整理をする時は債権者と債務者の間ですり合わせを行って将来利息がカットされた返済額を元に月々の返済をしていくもので、概して借り入れの元金は不変です。その一方、民事再生の場合は裁判所に返済計画を提出することが求められ、認めてもらえた場合、減額された元金に対して残りの返済を行っていきます。実...

自己破産、民事再生、任意整理はひっくるめて債務整理と呼ばれはしますがそれぞれのメリットがあります。まず自己破産は全借金の返済から解放され白紙のところから出直せます。次に民事再生は住宅ローンを除いた借金の元金圧縮が可能で、家など資産については引き続き保有できます。任意整理では月々の返済額が債権者との話し合いで決定され、それだけでなく借金の利率や借りていた期間次第では過払い金を取り戻せることがあります...

借金をしている親戚や友人がいて、その保証人になっている場合、債権者からの取立てを受けたとしてもそれを拒んで債務者の方に行かせることができます。ただし、債務者が自己破産や個人再生により債務整理を行い、返済の一部や全部を放棄してしまうと、支払いがまだの分について債権者は保証人に請求を始めます。これを拒む事は不可能ですが、債権者と話し合いの上で支払いを分割にしてもらう事はできます。増えすぎた借金を債務整...