自己破産のデメリット

自己破産のデメリット

借金 自己破産

 

・自己破産後、5〜10年新たな借り入れが出来ない
・家や車など一部を除く財産は差し押さえられ、債権者に分配される
・官報に名前が掲載される
・士業、警備員など免責が決まるまで、就業できない

 

自己破産を裁判所に申し立てても、場合によっては免責されない場合があるのです。
ギャンブルや浪費、株やFXでの損などで大きな借金をした場合がこれにあたります。

 

ほかにも自己破産の直前に新たな借金を負った場合、財産を親戚の口座に移すなど隠ぺいをした場合なども、免責されません。
これらを免責不許可事由と呼ばれます。

 

自己破産をすると、家や20万円以上の価値のある車、現金は99万円まででそれ以外は差押えられます。

 

しかし、差押えられるのは自己破産名義のものだけです。
逆に言うと、財産がなければ自己破産してもあまり前と生活は変わらないのです。
つまり相談してみることが大切なのです。

関連ページ

個人再生のデメリット
個人再生のデメリット
債務整理の中でも、裁判所を通す自己破
借金問題を弁護士に無料相談した結果とは?
個人再生や任意整理を行う際は継続した収入があるのが前
借金問題を弁護士に無料相談した結果とは?
実際に債務整理をすると、会社にバレて
借金問題を弁護士に無料相談した結果とは?
月ごとに給与から天引きして貯金をしていくのが
借金問題を弁護士に無料相談した結果とは?