個人再生のデメリット

個人再生のデメリット

借金 個人再生

 

・新たな借り入れが5〜10年できない。
・安定収入がなければ申立てができない
・官報に名前が掲載される。

 

 

個人再生は裁判所に個人再生申立てを行い、認められると成立します。
任意整理に比べると、裁判所に提出する書類が多いため手続きは煩雑です。

 

再建計画書によって判断され、安定的な収入がない場合は申立てができません。
住宅ローン以外の借金を、1/5〜1/10に減額できるので、認められると大きな効果が得られます。

 

ローン支払い中の車はローン会社に差押えされます。
ローンが終わっていれば差押えはされませんが、価値の高い車だった場合は返済額が大きくなることもあります。

 

国が発行している官報に名前が掲載されます。

 

関連ページ

自己破産のデメリット
自己破産のデメリット
債務整理の中でも、裁判所を通す自己破
借金問題を弁護士に無料相談した結果とは?
個人再生や任意整理を行う際は継続した収入があるのが前
借金問題を弁護士に無料相談した結果とは?
実際に債務整理をすると、会社にバレて
借金問題を弁護士に無料相談した結果とは?
月ごとに給与から天引きして貯金をしていくのが
借金問題を弁護士に無料相談した結果とは?